📖 新着 腱鞘炎の痛み改善・治療方法



腰痛・坐骨神経痛・肩コリ・腱鞘炎・膝の痛みを改善!「痛み・コリ解消の達人」身体の各部の痛みとコリでお悩みの方に。
腰痛・坐骨神経痛・肩コリ・腱鞘炎・膝の痛みを改善!「痛み・コリ解消の達人」身体の各部の痛みとコリでお悩みの方に。


腱鞘炎の痛み改善・治療事典「腱鞘炎の根本解決の鍵は生活習慣の中にあり」

腱鞘炎の根本解決の鍵は生活習慣の中にあり

◎手首のの痛みや筋肉の疲労に対しての耐用度が人それぞれ全く違うのは生活習慣に答えがあるケースが多い
★キーワードは、背骨の歪み・姿勢・体の使い方

◎「荷物を抱える時」
★力仕事をされている方、通常の日常生活でも床の上の物を持ち上げたりする際の注意点
・荷物を抱える時に、腕だけで持ち上げようとしない
・膝を曲げてしゃがみ、荷物に体を近づける
・荷物を持ったら、体に寄せ体全体で立ち上がる
*3点を意識するだけで、背中だけでなく腰痛や肩コリも軽減出来ます

◎「包丁やフライパンを使う時」
★通常は足を左右に広げるのを基本姿勢とするのを、右足を後ろに引いて、斜に構える
(右手に包丁を持つ場合)(左手で包丁を持つ場合は、左足を引く)
*これだけで、肩の可動範囲を広げる事が出来、背中への負担も減らす事が可能。

◎「子供を抱っこする時」
★抱え上げる時は「荷物を抱える時」の説明を参考に進める

★抱っこをしている時の、手の平の向きがポイント
・手のひらを、自分の側ではなく反対側に向ける
*これだけで手首への負担が激減します

◎これら3つに気を付けるだけでも、再発したり、症状の悪化を防ぐ事になります


戻る 腱鞘炎を防ぐために大切な姿勢 パソコン業務編
進む 腱鞘炎の発症を予防する為の首ストレッチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック